外食

すき家「鶏そぼろ丼」のレビュー(味・たんぱく質・脂質・炭水化物など)

すき家_鶏そぼろ丼_01

すき家鶏そぼろ丼を食べてきたのでレビューしたいと思います。

外食で高タンパク低脂質のメニューを見つけるのはなかなか難しいのですが、すき家の鶏そぼろ丼は高タンパク質で低脂質です。

また、ご飯の量はミニ→並盛→特盛と3種類から選べるので、減量時にもバルクアップ時にも対応できます。まさにトレーニーのためのメニューと言っても過言ではありません。

すき家 鶏そぼろ丼 の味

すき家_鶏そぼろ丼_02

すき家の鶏そぼろ丼の正直な感想は、まぁまぁ美味しいといったところ。

鶏そぼろの味が濃すぎる(しょっぱすぎる、または辛すぎる)と毎日食べるのが苦痛になってしまいますが、すき家の鶏そぼろ丼はわりとあっさりめの味なので、飽きることなく食べ続けられそうです。

 

すき家_鶏そぼろ丼_03

生卵がついているのはGood!そのまま食べるとパサパサしがちな鶏そぼろの食感が、生卵と混ぜ合わせることによって、マイルドでのどごし良くなります。

卵は完全栄養食ですからね。筋トレで免疫力が低下したトレーニーの体をリカバリーしてくれる作用もあります。もちろん、卵は高タンパク食品ですから筋合成にも効果的。ありがたや。

ちなみに、すき家の鶏そぼろ丼には、生卵を黄身と白身に分けるエッグセパレーターも付いてきます。なので、極限まで脂質を減らしたい方は、エッグセパレーターで黄身を取り除いて食べることもできます。

すき家 鶏そぼろ丼 のたんぱく質含有量

  • たんぱく質:32.4g
  • 脂質:12.2g
  • 炭水化物:102.8g

PFCバランスはP22%/F17%/C63%になります。カロリーは649kcalです。

※上記は並盛の数値になります。ミニと特盛の数値は下記の公式サイトからご確認ください。
とりそぼろ丼(店内) | すき家
※PFCバランスの計算方法は下記のとおりです。小数点以下は四捨五入しているのでPFCの合計が100%を超える場合があります。
P(%)=たんぱく質(g)✕ 4(kcal/g)÷ 総カロリー量(kcal)✕ 100
F(%)=脂質(g)✕ 9(kcal/g)÷ 総カロリー量(kcal)✕ 100
C(%)=炭水化物(g)✕ 4(kcal/g)÷ 総カロリー量(kcal)✕ 100

すき家 鶏そぼろ丼 の価格

すき家の鶏そぼろ丼の価格は、記事執筆時点で390円です。

あさり汁・お新香・生卵をプラスした鶏そぼろ丼セットにする場合は+280円になりますが、それでもたった670円です。非常にコスパがいいです。

すき家 鶏そぼろ丼 の総合評価

美味しさ
たんぱく質の量
コスパ
総合評価

すき家 公式サイト

すき家

※すき家はテイクアウトにも対応しています。

-外食

© 2021 筋トレFOOD